仕事内容

声優のボイスサンプルとは?作り方や構成・注意点

更新日:

ボイスサンプルとは?

声優を目指している方であれば、「ボイスサンプル」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

声優にとって「ボイスサンプル」は、とても大切なものなのです。

ボイスサンプルって何?

という方に向けて、ボイスサンプルの意味や作成方法、注意点などをわかりやすく説明していきます。

このページの作成にあたり、数々のボイスサンプル製作現場に立ち会った、プロのレコーディングエンジニアの方にお話を聞きましたので、ボイスサンプルを作ろうと思っている方は参考にしてみてください。

 

 

ボイスサンプルとは?

ボイスサンプルとは読んで字のごとく、「ご自身の声のサンプル」です。

  • どんな声色なのか
  • どんなキャラクターの声を持っているのか

という事がすぐに分かるので、声優にとっては名刺代わりとなるものです

一般的にはBGMなどは付けず、声のみを収録します。

ボイスサンプルが必要な場面はいくつかありますが、声優を目指す方がボイスサンプルを作成する理由として圧倒的に多いのは、オーディションに送るためです

ボイスサンプルがどんなものかイメージしづらいという方は、声優さんの所属する事務所のHPを見ると、声優さんのボイスサンプルを聞くことができるので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ボイスサンプルの構成・順番

ボイスサンプルに、どんなことを録音すればいいかわからない!

という方もいると思いますが、オーディションで提出が求められている場合は、収録する内容も指定されていることがほとんどです

オーディションの開催元によって異なりますが、

  1. 自己紹介
  2. ナレーション
  3. セリフ

などは、どのオーディションでも求められることが多いです。

もし、収録する内容の指定が無かった場合でも、上記の3点は収録しておくことをおすすめします。

ナレーションや台詞の内容が思いつかないという方でも、インターネットなどで検索するとフリーのサンプル素材がたくさん出てきますので、それを元に収録する方法も良いかと思います。

 

ボイスサンプルを録音するときの注意点

具体的にどんな内容で、どんなことを意識して収録すれば良いのかを説明していきます。

 

自己紹介

自分の名前と合わせて、年齢や出身地、養成所や学校名なども収録するように定められているオーディションもあります。

完成したボイスサンプルを再生したときに基本的に1トラック目に収録され、一番最初に聞かれる部分になります。

「第一印象」というのは、やはり重要ですから実は一番こだわるべき部分なのです

 

ナレーション

製品について説明をしたり、ニュース原稿を読んだりと、簡単に言えばアナウンサーのようなイメージです。

実際のサンプルですと下記のようなものになります。

桃井博士は、今まで考えられて来たカロリー制限とは全く違う視点で、
少食、断食が人体に与える影響を研究しています。
それは、サバンナの大地を颯爽と駆け巡る野生動物の生態から
ヒントを得たものだと、博士は言います。

 

大晦日、格闘技界最大のイベントが勃発!
ウェズリー・ゴーンズ、マイケル・バークシャー、
タカダ・テッシン、ロバート・コンスティン、総合格闘技の覇者達が、一堂に集結!
人類の限界を超えた、熱き戦いを見逃すな!

(出典:合格率が7倍になる!ボイスサンプル用フリー原稿)

このように、ドキュメンタリー番組風に淡々と話しているイメージのものや、テレビCMなどで興奮を伝えるように少しあおったものまであります。

内容が指定されている場合、まずは原稿を熟読して、どういったシチュエーションであるのか頭でイメージすることが大切です。

ナレーションを読むスピードですが、一般的に1分間で300文字というのが最も聞きやすい速度とされています
実際にアナウンサーのニュース読みや企業のプレゼンなどでは、1分間300文字というスピードで話されているそうです。

自宅で練習するときは、ストップウォッチなどで計りながら練習するとわかりやすいです。

 

セリフ

アニメ声優には欠かせないところで、実際に架空のキャラを見立てたセリフになります。
「新しく始まるアニメに参加することになった!」というイメージで、自分らしさを思いっきり発揮しましょう。

セリフの場合は聞き取りやすさよりも、いかにキャラクターになりきれているかが重要になります。

どんなシチュエーションなのか、頭の中でアニメ映像が流れるくらいしっかりとイメージを固めた上で演じましょう。

 

オーディションによっては、何パターンかある中から好きなセリフやナレーションを選択できることもあり、そういった場合は自分のキャラクターが活かせそうなものを選びましょう。

 

歌を録音することもある!

特に指定が無ければ、自己紹介・ナレーション・セリフで十分だと思いますが、歌唱した音源が求められるオーディションもあったりします。

曲が指定されているか、自分で選べるかはオーディションによって様々ですが、事前にカラオケ音源を準備して収録に臨みます。

最近ではCDデビューされている声優さんも多いので、オーディションのボイスサンプルとして提出を求められても珍しくはありません。
普段から練習しておいて損はないと思います。

 

スポンサーリンク

ボイスサンプルの収録の仕方

スタジオ

ボイスサンプルの構成を考えたら、次は収録です。

収録の仕方には大きく分けて2通りあります。

  1. 宅録
  2. スタジオ録音

自宅で機材をそろえて自分で録音する「宅録」と、スタジオでプロの力を借りて録音する「スタジオ録音」。

一番最初にも説明しましたが、ボイスサンプルは声優にとって名刺のようなものです。

多少お金がかかってもスタジオで録音するべきだと思います。本気で声優を目指すなら尚更ですね。

 

スタジオ録音の流れ

いざスタジオを借りて収録しようと思っても、どんなことをするのか前もって知っておかないと不安ですよね。

実は、収録すれば終わりというわけではないので、ボイスサンプルが完成するまで気を抜かずに挑みましょう。

 

ボイスサンプルを作成する場合、録音スタジオを借りるわけですが、1時間3,000円というように時間ごとに料金がかかります。

収録するスタジオにもよりますが、当日出来上がったサンプルを持ち帰る場合(後日の作業に対応していない場合など)は、録音時間だけでなく、その後の編集作業の時間も考えてスタジオを借りるようにしましょう

収録後の編集作業は、下記のようになります。

  1. ノイズカット
  2. ボリューム調整
  3. ボーカルミックス

 

ノイズカット

喋りだす前のリップノイズや台詞間の雑音などをカットします。

ボイスサンプルにはBGMもなくノイズはごまかせないので、やってもらう事をおすすめします

台詞の最後に椅子に座る音まで入ってしまっていた!

とならないように、トラックは最後までしっかりと確認しましょう。

 

ボリューム調整

音量の調整も重要です。

ナレーションはとても静かな雰囲気で収録し、台詞はとても元気よく収録した場合、当然ですが音量にばらつきがでます。

違和感の無い程度に調整することでサンプル全体の聞きやすさが変わってきます

 

ボーカルミックス

少し余談にはなりますが、歌を録った場合、カラオケ音源に対してご自身の歌声を混ぜる(ミックスする)作業が必要です。

楽曲として聞きやすくするための作業なので、やってもらうと良いと思います。

 

他にもデータを書き出したり、CDに焼いたりといった細かい作業もあります。

作業時間が足りない!また後日スタジオに行かなきゃいけないなぁ…

なんて事がないように、前もってエンジニア用の台本も用意して、収録前に相談しておくと良いです。

たとえば、

「今回これくらいの量を録りたいんですが、ノイズカットとボリューム調整でどのくらい時間がかかりますか?」

「歌も録りたいのですが、ミックスダウンは対応していただけますか?」

というような確認ですね。

慣れているエンジニアの方であれば大体の作業時間を教えてくれると思うので、作業時間を残して、あとは納得のいくまで録り直して大丈夫です。

後日、本人不在で編集作業をしてくれるスタジオもありますが、ボイスサンプルのクオリティに直結してきますので完成まで立ち会うことをおすすめします

 

「ボイスサンプル」は声優にとって大切なもの

今回は、声優を目指す方が経験するであろう「オーディション用のボイスサンプル」についてお話しました。

冒頭でも書いたようにボイスサンプルとは「声優としての名刺」です。
オーディション用以外に作ったことが無いというのは、とてももったいないです。

実際に私が収録した方の中にも

「特にオーディションとかではないけれど、来月、先生の知り合いの声優さんにお会いできるからその時に渡します!」

という方もいました。

いつどこで、どんな出会いがあるかわかりません。

もし思いがけずチャンスがやってきて、「ボイスサンプルはありますか?」と聞かれたときに、
「ありません」
「あるけど2年前のものです」
などではせっかくのチャンスが無駄になってしまうかもしれません。

自分の過去のサンプルと聞き比べるだけでもすごく勉強になりますし、なにより収録現場や雰囲気に慣れることができますから、定期的にボイスサンプルを作ってみてください

 

 

-仕事内容
-

Copyright© 【声優養成所・専門学校を比較】おすすめランキングで紹介|声優になりたい方の応援メディア「声優ねっと」 , 2019 All Rights Reserved.