声優の基礎知識

「声優になりたい」と親に言えないときの対処法・親に反対されたときの説得方法

声優になりたいけど、親に反対されるのがこわくて言えない

声優になりたいと言ったら、猛反対された

声優という夢を親に打ち明けられない、または打ち明けたけど反対されてしまう人は、かなり多いです。

このページでは、

  • 声優を目指していることを親に話すことができないときの対処法
  • 反対されたときの説得方法

などをまとめています。

声優という夢を親に反対されている、または反対されるかもしれないという方は、この記事を参考に説得方法を考えてみてくださいね。

 

声優は不安定な職業

「声優」という職業は、現在「なりたい職業ベスト10」に入るほど人気です。

しかし非常に不安定な職業であり、リスクが伴います。

声優養成所に入所できても、声優になれることが保証されているわけでなく、声優になれたとしても継続的に仕事をもらえる人は一握りで、声優の仕事だけで生活していくのは大変です。

そのリスクも含めて「声優を目指していること」を親に理解してもらい、応援してくれるような関係が築ければベストですよね。

30万人もの人が目指していると言われる「声優」と言う職業。

この「声優」になるためには様々な難題をクリアしていかなければなりません。

その難題のひとつに「親との関係」があります。

「声優」になるためには「親の理解」が必要不可欠です。

だけど「親にどう伝えればいいのかわからない」などを理由に「親に『声優になりたい』と言えない人」がたくさんいます。

 

女性声優
私も最初は親に反対されたわ

 

声優になることを親が反対するのは、子供の将来が心配だから

 

子供のことを心配しない親はいません

ましてや、声優という不安定な仕事を目指したい、と言われたら、子供の将来を考えて反対する親は多いのではないでしょうか。

「なんでわかってくれないのか」とイライラするかもしれません。

ですが、それは「世界で一番あなたのことを大切に想っているから」、「世界で一番あなたのことを心配してくれているから」なのです。

色々厳しいことを言われることもあるでしょう。

意見のすれ違いでぶつかることもあるでしょう。

怒ったり泣いたり嫌になる時もあるでしょう。

ですが、すべて「あなたのため」、「あなたを想うがゆえ」なのです。

なにがあっても「親はいつでもあなたの味方である」ということを忘れないでください

 

親の気持ちもわかるんだけど、理解してもらえないのは辛いなぁ

 

声優になりたいけれど、それを親に言えないときの対処方法

親に反対されるのがわかっているから言い出しにくい

反対されたときに、どうやって説得すればいいかわからない

などの理由から、声優になりたいという事を親に言い出せない方もいます。

 

親に言い出せない方が声優を目指すには、大きく分けて2つの選択肢があります。

  • 「声優になりたい」と親に伝えて声優を目指す
  • 親に言わないまま声優を目指す

 

できることなら親に伝えて堂々と声優を目指した方が良いですが、家庭の事情があって言えないまま声優を目指す方も中にはいらっしゃいます。

それぞれのパターンで対処法をまとめました。

 

1. 「声優になりたい」と親に伝えて声優を目指す

「声優になりたい」と親に伝えてから声優を目指す方は、まず親に今の自分の気持ちを正直に伝えましょう

想いは言葉にしなければ伝わりません。

伝えることを恐れて伝えないままいても前に進むことはできません。

ただ無駄に時間が過ぎて行くだけです。それだけ声優への道が遠くなるということです。

 

自分の気持ちを伝えると同時に、声優という職業についも説明できるようにしておくのがベストです。

  • どういう進路へ進めば声優になれるのか
  • 養成所などに通う場合、どのくらいのお金がかかるのか
  • 声優になった後の収入・仕事について
  • 声優という仕事の良い面・悪い面

上記の点はしっかり伝えておくべきです。

 

親に反対されたからといって、「まあ、なんとかなるでしょ!」とテキトーに答えることだけは厳禁です。

親も真剣に話を聞いているので、あなた自身も真剣な態度・言葉で応じるようにしましょう。

例え反対されようとも意志を伝えたことによって皆様が一歩進んだことに間違いありません。まず進むこと、進もうとする意志がなによりも大切なのです。

堂々と胸を張って声優になりたいという意志を伝えてください。

大丈夫です。伝え続ければ想いは必ず親に届きます。

 

2. 親に言わないまま声優を目指す

ご家庭の事情などで「声優になりたい」と言えない状況の方は、親に言わないまま声優を目指すしかありません

ただし、どうしても言えない状況下に置かれている人がとるべき道です。

親と話し合える環境がある方はしっかり話し合いをしてください

 

私の知っている方でも、親に内緒で声優になった方はいます。

  • 「東京で就職先を探す」と親に嘘をついて上京し、アルバイトをしながら養成所に入所して声優になった人
  • 実家の稼業を継ぐのが嫌で実家を飛び出し、劇団に入団。そのまま劇団経由で事務所に所属し、声優になった人

などですね。

ですので、親の援助がなくても本人のやる気次第で声優になることは可能です。

 

また、どうしても言えない状況の方は、やみくもに声優を目指すのではなく、「働きながら通える養成所に入所」、「夜間の専門学校に入学」など、自分に合った方向を考え行動してほしいと思います。

そして出来れば親との関係は良好を保っていただけたらと思います。親子関係がこじれてしまうと修復に時間がかかってしまいます。時間は有効に使いましょう。

 

ちゃんと親に話して、理解してもらえたほうが頑張れると思うけど…

 

後悔しない選択を

「言う」、「言わない」、どちらを選択するにしろ、一番大事なことは皆様の気持ちです。皆様が後悔しない選択をしてください。

そして後悔しないためには「やりきること」がたいせつです。「声優になるため」にできることを「やりきって」ほしいと思います。

今、その胸に秘めている「声優への想い」、「声優になるという意志」、「声優を選ぶ覚悟」、すべてを表に出して声優への道を突き進んでください。

 

声優になることを親に反対されたときの説得方法

声優になりたいという夢を親に反対されて「どうしたらいいのかわからない」とお悩みの方もいるでしょう。

親に許可をもらうためには、理解してくれるまでとことん説得するしかありません

そのうえで、下記のようなことに気をつけましょう。

  • 声優とはどのような職業なのかしっかり説明する
  • 厳しい世界であることを自覚したうえで、声優を目指していると伝える
  • 口だけではなく行動で示して、やる気があることをわかってもらう

 

声優とはどのような職業なのかしっかり説明する

 

親に理解してもらうためには、まず「声優」という職業がどんな「職業」なのかをしっかり説明する必要があります

「売れっ子になれば稼げる」など声優の良い面だけではなく、「声優になるのはとても難しいこと」、「たとえ声優になれたとしても安定はしないこと」などの声優を目指す上でのリスクや悪い面についても話しましょう

声優の悪い面を正直に話すと、余計に反対されてしまうのでは…?

と思う方がいるかもしれません。

ですが、「声優になりたいこと」を親に理解してもらうためには、「声優」という職業の良い面・悪い面をしっかり理解してもらう必要があります。

もし、声優の悪い面を隠して話をしたとしても、今の時代はネットで調べれば一発でバレます。

それなら、包み隠さずに最初から正直に話しておいた方が信用度は増しますよね。

 

それから、声優について親に話をするときは、「声優になる厳しさ」を感じながら話すよう心掛けてください。

  • 厳しい世界であることは自分自身も重々承知の上で想いを伝えているということ
  • 自分自身にはそれだけの覚悟があるということ

を親にわかってもらうためです。

 

何度も言いますが、「わかってくれないならいい」など怒りに身を任せるような真似はやめてください。

「わかってくれないなら、わかってくれるまで話す」という気持ちでのぞむようにしましょう。

冷静に落ち着いて話し続けていれば、親の気持ちも少しずつ変わるはずです。

 

口だけではなく行動で示して、やる気があることをわかってもらう

親を説得する場合は、口だけでなく「行動する」ことも忘れないようにしてください

口で言っているだけでは説得力に欠けます。

養成所や専門学校、スクールにへ進むための資金はアルバイトをして稼ぐなど、親に頼らなくてもやってやるという意気込みをみせることも重要です。

雇用形態に関係なく、働くことはとてもおすすめです。

  • 親に行動していることをアピールできる
  • 進路のためのお金を稼げる
  • 社会勉強になる
女性声優
一石二鳥にとどまらず、一石三鳥ですね。でも、アルバイトが出来ない年齢の方は出来る年になってからやりましょう。

 

あせらず気長に説得し続ける

ずっと反対され続けていると「いつまで反対される日々が続くのか」と焦ってしまいそうですが、あまり気にしないようにしましょう。

確かに、今この瞬間も声優を目指す人たちが「道」を進んでいます。

しかし「声優」に年齢制限はありません。

大学を卒業してからでもよし、一度就職してからでもよし。親の説得に1年や2年かけたってどうってことはありません

働きながらでも、レッスンを受けながらでも説得を続けていけばいいのです。

「声優になるという意志」を失わない限り、いくらだって声優は目指せるのですから。

ただし中途半端はいけません。

働くにしてもなんにしても、「絶対に親を説得して、必ず声優になってみせる」という心意気をもって日々を過ごすようにしてください。

 

「期間限定で声優を目指す」ことを提案するのも、ひとつの手

たとえば「3年間だけ挑戦させてほしい」など、期間を決めて声優を目指すことも一つの方法です。

期間を決めれば親も納得しやすいと思いますし、自分自身も集中して取り組むことができます。

 

私はこうやって親を説得しました!体験談

実際、親に反対された方、親を説得した人の体験談を調べてみました。

親からは、めっちゃくちゃ反対されました。私が通っていた高校が私立だったんですね。高校受験の時に公立に落ちてしまって。私立の高校に通う条件が『卒業後は看護学校に行くこと』だったんです。

もちろん、私が声優の学校に行きたいと伝えると猛反対。『お前には絶対に無理』『安定した職業に就いて欲しい』などいろいろ言われました。

私の姉がヒューマンアカデミー(北九州校のヘアメイクカレッジ)に通っていました。実は姉は26歳の時に『学校に行きたい!』と思って行動した人なんです。

そんな姉にも協力してもらって、なんとか両親を説得しました。

そんな両親も今では大阪に遊びに来たら楽しんでいますよ。笑

 

僕は中学3年のころに声優になると決めたので、本当は中学卒業後は高校に進学しないで、声優の養成学校に入ろうと思っていたんです。

でも親に「せめて高校くらいはきちんと卒業しなさい」って説得されまして……。

なのでちゃんと高校には進学をして、学校では演劇部に入部して、声優業の訓練的なことをしていました。

その後もユメをあきらめきれず、バイトしながらオーディションを受け続けていました。

そんなバイトも声優の仕事にとても役に立っていますね。

今から思えば、親の言うとおり高校は卒業してよかったと思います。

出典:ネット調査

 

自分の気持ちを押し付けるだけでなく、親の気持ちも理解する努力を

色々と解決方法を話してきましたが、結局「親が反対する理由」は、「子供のことが心配」なだけなのです。

親は「声優を目指して、うちの子の将来は大丈夫なのだろうか」と不安に思っています。

だから、その不安を解消して安心させられる方法こそが「ベストな解決方法」ということになります。

女性声優
私も親の不安をひとつずつ消して、ようやく許してもらえたの

親と話し合いができる方は、しっかり自分の気持ちを伝えてから声優を目指しましょう。

反対する親を説得するには、とことん話し合うしかありません。

自分が後悔しないために、親を後悔させないために、お互い納得のいくまで話し合ってみてください。

当たり前になってしまってついつい忘れがちですが、話し合える親がいるということ自体がものすごく幸せなことなのです。

 

おすすめの声優養成所・スクール

親を説得するためにも、自分に合う声優養成所やスクールを見つけ、その情報をしっかり収集することは大切です。

そこで、本サイトでおすすめの声優養成所・スクールを紹介しましょう。

総合学園ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは専門分野を学び就職・デビューを目指す学校です。

その特徴は、プロダクションとの連携に力を入れていることで、プロダクションの代表や現役声優を講師に招くだけでなく、希望する学生全員がオーディションに参加することが可能です。

その回数は350回以上。1年間にほぼ毎日オーディションチャンスがある学校は他にないでしょう。

ただ、難点は学費の高さで、全日制は、1年間で100万円以上かかります。

学費ローンを組むことができますが、自力での返済はかなり厳しい額といえますが、それだけの価値があるという口コミが多いです。

【ジャンル】声優スクール

【場所】全国に16箇所(札幌、仙台、柏校、大宮、新宿、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、北九州、福岡、鹿児島、那覇)

【期間: 声優専攻2年間

【費用】 約105万円 (※入学金、1年次学費の合計。別途、施設・教材・実習・諸費用が必要)

【提携プロダクション】 マック・ミック、原オフィス、アトミックモンキー、プロースト!、スリートゥリー、トライストーン等

日本ナレーション演技研究所(日ナレ)

「日ナレ」はアイムエンタープライズなどが受け皿となっているので、自信をもっておすすめできる養成所です。

6つのプロダクションにはそれぞれ個性がありますが、メインのアイムエンタープライズや、最近力を持ってきたヴィムスなどで考えると、アイドル声優になりたい人や個性の強い人、マルチに活躍したい人向きだと言えます。

気になる点は、所属オーディションがかなり難関であることで、おそらく他の養成所の比ではないと思います。

日ナレは養成期間が他に比べて長いですし、留年も入れると最大で6年間ありますが、飛び級制度もあるので、売れている人の中には1年で事務所所属になっている方もいます。

能力さえあれば早くプロになれることは非常に魅力的です。

【ジャンル】声優養成所

【場所】本社は東京(スタジオが全国に17箇所(代々木、お茶の水、立川、町田、池袋、大宮、所沢、柏、千葉、横浜、大阪、難波、天王寺、神戸、京都、名古屋、仙台

【期間】1年~

【費用】

・週1回クラス:入所金:10万円(仙台校は5万円、高校生は5万円)/年間受講料:4月生(4月から翌年3月まで)20万円

・週2回クラス:(お茶の水校/名古屋校/大阪校)入所金:10万円(高校生は5万円)/年間受講料:4月生(4月から翌年3月まで)36万円

・週3回クラス:(代々木校)入所金:10万円(高校生は5万円)/年間受講料:4月生(4月から翌年3月まで)50万円

【提携プロダクション】 マック・ミック、原オフィス、アトミックモンキー、プロースト!、スリートゥリー、トライストーン等

\資料請求は無料/

日ナレ 公式サイト

 

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院の魅力は、声優事務所のオーディションを75社も受けられることです。

また、レッスンスタジオのほかに、「AMGスタジオ」というアフレコスタジオや、小さな収録ブースを備えていて、生徒さんなら申し込めば放課後などに使用させてもらうこともできます。

プロ仕様の機材を使用できるなんて、なかなかないことですから、恵まれた環境といえるでしょう。

ただ、学費はかなり高いので、保護者との相談も必須でしょう。

【ジャンル】専門学校

【場所】東京都渋谷区

【期間】本科/全日2年

【費用】声優学科 初年度 入学金:10万円/授業費:88万円/施設設備費:20万円/演習実習費:10万円  合計128万円

【提携プロダクション】 専門学校のため、提携プロダクション自体はありませが、複数のプロダクションのオーディションが受けられます。

LINEからも無料で資料請求できます

アミューズメントメディア総合学院 声優学科

-声優の基礎知識

Copyright© 【比較】現役声優が養成所・専門学校をおすすめランキングで紹介|声優になりたい方の応援メディア「声優ねっと」 , 2020 All Rights Reserved.