声優養成所

【体験談】元・日ナレ生が語る!入所オーディションの試験内容

更新日:

【体験談】元・日ナレ生が語る!入所オーディションの試験内容

日ナレの入所オーディションでは、どんなことをするのか知りたい

自分が入所を考えている養成所のオーディション内容って気になりますよね。

どんな感じなのか把握しておくことで、事前に準備することもできますし、気持ち的にも余裕ができます。

 

このページでは、日ナレの入所オーディションの内容をまとめています。

実際に日ナレの入所オーディションに合格し、日ナレに通っていた経験がある方からお話を伺いました

日ナレへの入所を考えている方は参考にしてみてくださいね。

元・日ナレ生の貴重なお話が聞けました!

>>無料で日ナレの資料請求をする

 

日ナレ 入所オーディション当日の流れ

1日の流れのイメージ画像

入所オーディション当日の流れは、おおまかに下記のような感じになります。

 

step
1
会場入り

当日は、約20名の入所希望者が同じ部屋に会場入りをして、そこで筆記試験・面接などの入所オーディションが行われます。

入所希望者の人数は、会場や時期によって多少前後する可能性があります。

 

step
2
筆記試験

30ほどの筆記試験が行われます。

筆記用具は絶対に忘れないようにしましょう。

 

step
3
面接

自己PR・面接・実技テストをそれぞれ面接官・入所希望者の前で行います。

 

step
4
退室

全ての入所希望者の面接が終了し、面接官から合格通知書の送付方法などの簡単な説明が行われたら、指示に従って退室します。

会場から出るまでがオーディションだということをしっかり認識し、退室だからといって気を抜き過ぎないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

日ナレ 入所オーディションの内容

オーディションのイメージ画像

入所オーディションの内容をもう少し詳しく説明していきます。

実際の体験談を踏まえて説明していきますので、どのような感じなのかイメージしやすいかと思います。

 

 筆記試験

入所オーディションで最初に行われるのが筆記試験です。

筆記試験と言ってもそんなに身構える必要はなく、一般的な国語力を求められるようなテストです。

イメージとしては、漢字テストと国語のテストを足して2で割ったような感じです。

難易度は決して高いわけではなく、中学3年生までで習う国語や漢字がある程度理解できていれば何ら問題ないでしょう。

実際、私も中学卒業時に入所オーディションを受けましたが、筆記試験は全く問題ありませんでした。

ただし、国語や漢字が苦手と言う方は少し事前に対策をしておいたほうがいいかもしれません。

 

声優は台本を使って芝居をするので、当然、最低限の国語力は絶対に必要になってきます

漢字が読めなければ台本を読むこともできないですし、読解力がなければ台本に書かれているキャラクターの心情などを読み取ることもできません。

現時点で読解力や漢字力に不安があるのであれば、対策をしておくに越したことはありませんし、その対策は入所後にも大きく役に立つはずです。

 

自己PR

筆記試験終了後は、自己PRを行います。

私が入所オーディションを受けたときは、30秒という限られた時間内で、他の入所希望者の前で面接官に向かって自己PRするという形式でした。

正直、筆記試験よりもこの自己PRの方が難しいかもしれません。

限られた時間の中で、自分の伝えたいポイントをまとめ、ハッキリと面接官に向けて伝えるというのは、未経験者にとっては意外とハードルが高いものです。

緊張して言葉に詰まったりしてしまうと30秒なんてあっという間で、結局何もPRできなかった、なんてことになりかねません。

人前で発表したり、限られた時間内で要点をまとめたりすることに慣れていない方は、事前にしっかり準備しておくことをおすすめします。

声優になれば、オーディションは避けて通れない道です。

入所オーディションの自己PRで求められるスキルは、今後のオーディションでも必ず必要になります

本気で声優を目指すのであれば、しっかり苦手を克服しておくことが大切です。

 

面接

入所希望者全員の自己PRが終わると、次は面接官との面接が始まります。

面接と言っても、面接官から1つ~2つほどの質問が来て、それに対して答えるというものです。

質問の内容は人によって異なります

無難なところで言うと、「声優を目指した理由」や「どんな役者になりたいか」などが多いかもしれません。

ただし、面接官によって質問の内容が大きく異なったり、入所希望者によって投げかける質問を変えてくることもあるので、事前にしっかり対策をするというのは困難です。

面接で質問されたことに対して、思ってもいないような上っ面のキレイごとを並べても何の意味もありません。

それどころか、そんなキレイごとは割とすぐに見破られて印象を下げてしまう原因になります。

 

私が思うに、この面接で求められているのは「咄嗟の対応力」です。

芝居をする上で咄嗟の対応力、アドリブ力はかなり重要なスキルとなってきます

逆に言えば、咄嗟の対応力が全くなければ芝居を続けていくのは厳しいでしょう。

とは言え、入所オーディションを受けに来ているほとんどの方は芝居未経験者なので、完璧な対応力は最初から求められていません。

重要なのは、予想外の質問が来ても慌てたり取り乱したりせず、落ち着いて本心を答えることです。

それさえできれば、面接は問題なく乗り越えられるはずです。

 

咄嗟の質問に答えられるか不安と言う方は、事前に家族や友人に面接の練習をしてもらいましょう。

質問はあらかじめ決めておくのではなく、その場で家族や友人に考えてもらうということを繰り返せば、入所オーディション時に求められる対応力はある程度身に付きます。

 

実技テスト

面接が終われば、いよいよ実技テストです。

私が入所オーディションの受けた際の実技テストは、「朗読」でした

ですが、ただの朗読ではありません。

実技テスト時に、いくつかのセリフが書かれた紙を配られるのですが、読み上げるセリフと一緒に感情も書かれていました。

例えば、「いつも僕のために美味しいご飯を作ってくれてありがとう!」というセリフの隣に、「嬉しそうに」と言ったような指示が書かれているのです。

つまり、「いつも僕のために美味しいご飯を作ってくれてありがとう!」というセリフを、嬉しそうに読むことが求められています。

 

他にもセリフがいくつかあり、同じように感情の指示も記載されていました。

私の場合は、喜怒哀楽が1つずつ、合計4つのセリフを読みました。

入所後、他の入所者に聞いても同じような実技テストの内容だったとのことだったので、実技テストの内容については面接官問わずそれほど大きな違いはないと思っていいでしょう。

 

実技テストを乗り越えるためには、普段から朗読をしておくことをおすすめします。

個人的に入所オーディション前にやっておくといいと思うのが、「外郎売の口上」の朗読練習です。

「外郎売の口上」は、芝居を少しでもかじったことのある人なら知らない人はいないというほど、この業界では基礎中の基礎。

入所後、ほとんどの方は基礎科という一番下のクラスに所属するのですが、基礎科でもこの「外郎売の口上」をやることになります。

ですので、事前に練習しておくに越したことはありません。

発声練習・活舌練習も同時に行えるので一石二鳥ですよ。

この「外郎売の口上」を色々な感情で朗読する練習をしておけば、入所オーディションの実技テストでつまづくことはないはずです。

 

合否の結果は入所オーディションを受けてから2~3週間で届く

郵便のイメージ画像

合否の結果は、入所オーディションを受けてから2~3週間で郵送にて届くのが一般的です。

入所オーディションを受けて、見事合格することができれば4月からレッスンが始まります。

3月下旬になっても届かない場合は、一度問い合わせてみましょう。

 

スポンサーリンク

日ナレの入所オーディションを受けた感想・事前にやっておくべき対策

試験対策をする女の子のイメージ画像

入所オーディションで一番大切なことは、芝居が好きという気持ち、芝居を楽しむという気持ちをしっかりと持ち、それを面接官に伝えることです。

日ナレの入所オーディションを受ける方は、ほとんどが芝居未経験者です。

そんな未経験者にいきなり声優をやっていく上で必要な上級テクニックなんて求めるはずがありません。

もちろん、緊張しすぎてパニックになって何もできなかったなんてことになってはお話になりませんが、そうでなければ大抵の方は合格することができるでしょう。

おそらく、入所オーディションの合格率は9割程度あると思います。

変に緊張しすぎるよりは、楽しんで「芝居の世界に飛び込びこむ」くらいの軽い気持ちで挑みましょう。

 

私自身、当時は芝居未経験でしたが、オーディションを受けて芝居の世界に飛び込めることに、これ以上ないくらいワクワクしました。

そういうワクワクした気持ちを前面に出して入所オーディションを受けた方がプラスに働きます。

楽しんでいる様子は必ず面接官に伝わりますし、芝居やオーディションを楽しめる人が強いのは間違いありません。

以上が、実際に入所オーディションを受けて私が感じた素直な感想です。

 

【まとめ】日ナレ(日本ナレーション演技研究所)の入所オーディションについて

ここまで、オーディションの内容や、それに対しての対策法について触れてきました。

入所オーディションの対策として練習したことは、入所後にも役立ちます。

 

日ナレに合格するのがゴールではありません。

声優としてはスタート地点にも立っていないので

日ナレは、他の養成所に比べると合格しやすいから♪

と油断せず、入所前から日々の努力を惜しまないようにしましょう。

 

>>無料で日ナレの資料請求をする

 

 

-声優養成所
-

Copyright© 【声優養成所・専門学校を比較】おすすめランキングで紹介|声優になりたい方の応援メディア「声優ねっと」 , 2019 All Rights Reserved.