声優コラム

声優のマネージャーの仕事内容とは?どんなことをしてくれる?

更新日:

声優のマネージャーの仕事内容とは?

声優を目指している方は、マネージャーの仕事についても知っておくべきです。

基本的にクライアントからお仕事を取ってくるのはマネージャーですし、仕事内容に合う声優を選ぶのもマネージャー。

つまり、マネージャーと良好な関係を築いておいた方が有利と言えば有利なのです。

このページでは、声優事務所のマネージャーの仕事内容をわかりやすく説明していきます。

声優を目指しているは、マネージャーの仕事の大変さを理解し、気遣いができるような声優になってくださいね。

 

 

声優事務所のお仕事

声優のマネージャーの仕事内容を説明する前に、まずは声優事務所内で行っていることを紹介します。

声優事務所には主に下記のような部門があります。

  • マネージャー
  • デスク
  • 経理
  • 総務(大きい事務所であれば)

所属声優の多い事務所や仕事の多い事務所だと、これらのお仕事に関わる人数も多くなります。

小さい事務所の場合は所属声優も少なく、事務所で仕事を行なうスタッフの人数も少ないのが一般的です。

デスクを所属声優が兼務している場合もあるので、自分で自分をキャスティングすることもあるのだとか。

デスクとは?

デスクは、クライアントと声優の窓口です。

スケジュール管理から原稿・地図・台本・V(例えばアフレコで使用する映像のことです。これを前もってもらってチェックしてから仕事に臨みます。)・資料などの受け渡しの手はずを整えたり、お仕事が決まったら連絡をくれます。

仕事以外でも連絡事項があれば各所属声優に電話をしたり、出欠をとったり、FAXをしたり。

デスクの役割は一見、目立ちませんが事務所ではとても大切です。

 

小さい事務所は営業時間も様々だし、声優以外の仕事も兼任する可能性もありますが、利点は「一人一人目が届きやすく、忘れられにくいこと」。
自分をどんどんアピールしていくことが苦手な人にとっては、もしかするとこっちの方がいいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

声優のマネージャーの仕事内容

声優事務所のマネージャーは主に下記のような仕事をします。

  • 制作会社やテレビ局などへの営業
  • キャスティング

ひとことで言ってしまうと、クライアントと声優のパイプ役ですね。

上記以外にも営業の一環として、人付き合いもあります。

 

制作会社やテレビ局などへの営業

声優のマネージャーは、主に制作会社やテレビ局への営業を行い、獲得してきた仕事で声優のキャスティングをします

時間があればスタジオに顔を出してくれることもありますし、そのついでに別件の台本を持ってきてくれることもあります。

マネージャーの仕事はかなり大変で忙しいので、なかなか顔を出すことは難しいのですが、来てくれると役者にとっては心強いです。
さらに、スタジオにはクライアントやスタッフもいるため営業にもなります。

 

マネージャーの仕事は時間が不規則なうえに、のみの席にも出なければならないこともあり、かなりの激務なことで有名です

飲み会への参加に加え、役者陣のことも把握しなければならないので、体を壊す人も多いお仕事。

事務所に所属することになったら、ちょっとそのことを念頭に置いておいてください。

人間同士なので「なぜあの人ばかり使って自分に仕事を回してくれないんだ」とか、「もっとスタジオに顔を出して営業をしてお仕事を取ってきてほしい」など、いろいろと不満に思うこともありますが、マネージャーさんも決して高くはないお給料で体を犠牲にしながら難しい仕事を頑張っています。

そんなマネージャーさんに、感謝の気持ちを持つことも大切です。

 

キャスティング

マネージャーは、オーディションにどの声優を送りこむかを決める役割もあります
クライアントから「この人を呼んで欲しい」と指名される場合もありますが、たいていの場合はマネージャーが決めます。

オーディションだけでなく、本番のお仕事でも指名はあります。

また、アニメ以外のお仕事では「こういう人がほしい」というクライアントからの意向を受けて、マネージャーが候補を選出(主に所属声優の中から)。
クライアントは、候補に挙げられた声優のデモテープやプロフィールなどを見て、最終的に声優を決定します。(候補などはなく、いきなりマネージャーが決めることも有り)

役者陣はマネージャーにデモテープを聴いてもらったり、コミュニケーションをとってキャスティングのときに自分のことを思い出してもらうためにアピールをします
「覚えてもらう」、「思い出してもらう」ということがとても大切。

人間ですから、やはり人情というものもあり、ツーンとしている人よりはニコニコして話しかけてきてくれる人の方がかわいいのは当然です。

自分が苦労して取ってきた大事な仕事を任せるなら、ムスッとした人よりもコミュニケーション能力の高い人を選びたくなります。
いつも笑顔で、スタッフや周りの役者陣ともうまくやっていけるような方ならマネージャーとしても安心ですね

つまり、声優にとってマネージャーとは生命線です。

  • マネージャーに気に入られる
  • マネージャーに応援したいと思ってもらえる
  • マネージャーに、「こいつはできないやつだけどどうにかしてやりたい」と思ってもらえる

上記のような人物であることが重要です。

小さい事務所であればマネージャーの人数が圧倒的に少ないので嫌われたらおしまいです。仕事はおそらく回ってこないでしょう。

媚びを売る必要はありませんが、気持ちは伝わるので、相手を思いやり、こちらからどんどん話しかけていくなど(お仕事で忙しそうなとき以外)良好な関係を築くことが、もしかすると実力よりも重要なことかもしれません。

 

事務所に所属すれば新人声優にもマネージャーがつくのか?

よっぽど売れている声優でも、新人にマネージャーがつくことは考えにくいですし、声優1人に対してマネージャー1人が割り当てられことは基本的にありません。
そもそも声優にマネージャーがつくというよりは、クライアントや仕事に対してマネージャーがつきます

マネージャーが任された仕事に、所属声優(場合によっては自分の事務所ではなくほかの事務所の声優をキャスティングする場合もあります。)をキャスティングして、その仕事のスタジオに顔を出したり、クライアント様とやりとりしたりという感じです。

事務所によっては、仕事の種類によって部署が決まっています。
アニメ部門、洋画部門、ゲーム部門、CM部門、テレビ番組のナレーションやボイスオーバー系など、テレビ局ごとに分かれている場合もあります。

自分がほしい仕事をどのマネージャーが持っているのかを把握することも大切ですし、持っている仕事の種類によって欲しい声や演技も違うわけですから、声優側はそれに合ったボイスサンプルを渡す工夫も必要です。

 

スポンサーリンク

売れっ子声優やベテラン声優になれば専属マネージャーがつくのか?

本当にものすごーく売れたら専属のマネージャーがつくケースもありますが、その場合もマネージャーは専属ではなく、ほかの仕事も少しは兼務している状態です。

事務所によって異なるのかもしれませんが、たいていの場合、専属のマネージャーはつかないと思っておいてください

ただ、専属というのとはちょっと違うのですが、そのマネージャーの駒といいますか、使い勝手がいい人という言葉があっているかはわかりませんが、いつも使う人はだいたい決まってくることがあります。

強く推している人をいろいろな現場に連れていき、「この人をよろしくお願いします。」と売り込む場合もあります。

 

声優のマネージャーの仕事内容 まとめ

要点まとめ

  • 声優のマネージャーは、主に営業やキャスティングを行なう
  • 声優は、マネージャーに思い出してもらう努力をしたり、コミュニケーションを取ることが大切
  • 声優に専属のマネージャーはほとんどつかない

声優にとってマネージャーは、本当に大切な存在です。

プレッシャーに感じる必要はありませんが、自分が失敗すればマネージャーの顔をつぶすことにもなるので、そのことを理解して良い関係を築くことが大切。

新人声優の頃はマネージャーにお世話になりっぱなしだと思いますが、「そのうち売れて食わせてやるんだ!」くらいの気持ちで仕事を頑張りましょう。

 

 

-声優コラム
-

Copyright© 【声優養成所・専門学校を比較】おすすめランキングで紹介|声優になりたい方の応援メディア「声優ねっと」 , 2019 All Rights Reserved.