声優になるための進路

声優に学歴は必要か?中卒や高卒でも声優になれる?

「声優に学歴は必要か?」

「声優」という職業に憧れる年代は主に中学生から高校生といわれています。

これはアニメなどの内容を理解してみることができるようになり、さらにはその先の演じている役者のことも想像できるようになるからです。

またこの年代の皆様は進路を選ぶ年代でもあります。「声優」になるために、どのような道を選ぶべきか、悩み葛藤している方も多いのではないでしょうか。

そうして悩み葛藤している間に誰もが一度は考えることがあります。

それは「そもそも声優に学歴は必要なのか」ということです。

今回は「声優に学歴は必要か?」というテーマについてお話していきたいと思います。

 

【結論】声優に学歴は必要ない

・学歴不要

ズバッと一言でいうと声優になる上で学歴は必要ありません。

今は声優を目指す道として「専門学校」を選ぶ方が多いと言われています。ですが別に「専門学校」に行かなくても養成所やオーディションなど声優になる道は数多くあります。

実際に多くの声優の皆さんが「専門学校」を経由しないで声優になり、現在も現場で活躍されています。

その経歴もサラリーマンから声優になった方、OLから声優、トラック運転手から声優、カメラマンから声優と人それぞれ違います。

年齢もさまざまです。それこそ子役から声優として活動している方もいればお年を召してから声優になられる方もいます。

ひとりひとりが本当に色々な道をたどって声優になられています。

声優と言う職業は幼少期から高齢期まで幅広く活躍できる職業です。幼少期の子供に学歴はありませんし、お年を召した高齢者にも学歴は必要ありません。

声優の履歴書といわれるのがプロフィール。皆さんも一度は好きな声優さんのプロフィールなどを事務所のホームページで拝見したことがあると思います。

そのほとんどが出身地や生年月日、身長や血液型、趣味や特技などの情報がメインで学歴は記されていません。

声優陣にとって重要視されるプロフィールにも、学歴が載っていないのです。

つまり声優になるのに学歴は必要ないということです。

 

最低限、台本を読み解く力(読解力)は必要

ただ学歴が必要ないとは言っても、役を演じる上で必要不可欠なこともあります。それが台本を読み解く力です。

アニメの収録、吹き替えの収録には必ず「台本」が存在します。その「台本」を読む力がなければ役を演じることは出来ません。

たとえば台本にこう記してあったとしましょう。

役1「あいうえお」
役2「かきくけこ」

(ト書き)その流れを受けて、役3、役4が続く

この役3と役4の台詞がわかりますか?当然「さしすせそ」と「たちつてと」になります。

これは単純な例ですが、実際に役を演じる上では、前の台詞を受けて自分の役の台詞を理解し声を発することができなければ会話が成立しないのです。

第一に、キャラクターを演じるということは、そのキャラクターになることが前提条件です。

そのときキャラクターの心にはなにが生まれたのか、何を考えて言葉を発したのか、何をおもって行動したのか、これら全てを台本からみつけなければなりません。

本を読み解く力がなければキャラクターの心はみつけられません。キャラクターの心をみつけられなかった時点でキャラクターになりきれていないわけですから役者失格ということになります。

この読解力がなければ役者として声優業界で生き残ることは不可能でしょう。まず声優というスタート地点に立つことも難しいと思います。

ただご安心ください。本を読み解く力は本を読むだけで鍛えることができます。
たくさん本を読んでください。それがいつか皆様の力になります。

 

声優には一般常識や漢字などの知識も必須

アニメや吹き替え作品には色々なジャンルがありますが、その作品のほとんどは「人」を描いた作品です。もちろんそれを演じる声優は、その「人」を演じることになるわけです。

高校生や大学生、起業家に公務員、父親に母親、「人」には色々な個性があります。ですが、全部ひっくるめれば「一般人」。

そんな「一般人」を演じるには「一般常識」が必要です。誰もが知っている程度の「常識」は持っていないといけません。

今現在、世間一般では「高校は卒業しておきましょう」というのが「常識」です。

となると高校を卒業したときの知識が「常識レベル」ということになります。だとするならば「高校は卒業するべき」でしょう。

「常識レベル」と考えるとわかりにくい方は「漢字レベル」と思ってください。

ナレーションなどの現場は、収録当日の収録スタジオで台本を手渡しされることが多々あります。

そこでチェックするとき、台本に読めない「漢字」がたくさんあったらどうしましょう。

スタッフさんはすぐにでも収録に入りたいのに「漢字」を調べるために待ってもらわなければいけなくなります。

収録スタジオは大体が時間貸しです。そんな限られた大事な時間を無駄にしてしまうことになるのです。

毎回毎回そんなことに時間を費やされてしまうことになれば「漢字が読める人に変えよう」と思われかねません。

「漢字が読めない」ことで仕事を失う。もったいないことです。せめて「常用漢字」と呼ばれる程度のモノは読めるようにしておきましょう。

基本的に書くことはないので読むことができれば大丈夫です。

 

どのような学歴・進路を歩むかは個人の自由!経験を積むために進学するのもあり

・すべては自由

もちろん大学に進学するのも専門学校に入学するのも皆様の自由です。

先にもアニメや吹き替え作品にはさまざまなジャンルがあると記しましたが、学園モノも数多くありますよね。そういった作品を演じる上では、大学や専門学校での経験は必ず活かされます。

「声優・・・声優・・・」と、がんじがらめに考えると逆に視野を狭くしてしまう可能性もあります。視野を広げるためにも大学進学、専門学校入学などの道も一つの選択だと思います。

声優にとって、役者にとって、お芝居にとって無駄なことはひとつもありません。というよりも人生で無駄なことなど何ひとつありません。

皆様がどのような道を歩もうとも、必ず皆様の人生の糧になります。

学歴はいらないけれど人生経験は必要。もうなんでもやりましょう。すべては皆様の自由です。

色々手を出して結果多くの失敗をしてもその経験はのちの成功につながるのです。失敗を恐れてなにもしない人は成功も得られません。失敗は成功のもと。やりたいことはやりましょう。

声優という名の一本の木になるために数ある枝を減らしていくのではなく、たくさんの枝を持った木を目指して欲しいと思います。

正直言って、声優だけで食べていくのは本当に難しいです。食べられるようになってもいつまた仕事がなくなってしまうかもわかりません。

枝をいっぱい持っていれば、その枝から新たな木を生み出してくれることもあるかもしれません。またその枝がきっかけで声優として一気に花開くこともありえるのです。

枝は多い方が魅力ある声優になれるとおもいます。

 

親には「大学や専門学校に進学した方が良い」と言われるが、声優を目指すなら早い方がいいのでは?

声優を目指すならもちろん早いほうが有利です。
ただ、声優になれない人の割合が圧倒的に多いことや、声優になっても勉強していたことは必ず役に立つことを考えると、大学に行ける環境にあるのであればいった方が絶対に良いです。
それに、大学などに通いながらでも養成所にはじゅうぶん通えます。大学生のうちからプロの声優となり学校と声優業を両立している人もたくさんいらっしゃいます。ただ、養成所が田舎にはないのでそういったところにお住まいの方は養成所のあるところの大学を選ぶ必要が出てはきます。

声優になれなかった時のことを考えると学歴はあった方がいい

・リスクを考えた選択もひとつの道

あまり考えたくないかもしれませんが、「声優になれなかった場合」も念頭に置いておく必要があります。

「声優業界」は本当に狭き門です。そしてその狭き門をくぐりぬけ「声優になれた」としてもそれだけで食べていけるかはわかりません。

下手をすれば事務所に所属しているだけの「声優」とは名ばかりのフリーターなんてことにもなりかねません。

例え事務所に所属していても仕事をしていなければフリーターです。もしアルバイトもしていなければ無職です。

そんな状況に陥ってしまったとき、どのように生活していくのかというリスクについて考えることはとても大事なことです。

リスクを考えて声優になれるかと思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、備えあれば憂いなしということわざがあるように、備えがあるからこそ声優への道を突き進めるともいえるのです。

声優になれなかったときに備えておけばよかったと後悔しても遅いのです。今できる準備はしておいた方がいいと思います。

実は声優業界には「資格」を持っている方が多くいらっしゃいます。大型車などを運転できる大型運転免許、栄養士免許、調理師免許、教員免許、電気工事士免許などなど、資格の種類もさまざま。

また資格のほかにゲーム好き、釣り好き、バイク好きなど、趣味や特技を多く持っている方もいらっしゃいます。

そんなの声優と全く関係ないじゃん、なんて思われるでしょうが、そのような資格や特技が仕事に生かされることが結構あるのもこの業界の面白い所なのです。

何度も言いますが、本当に無駄になることがないわけです。だったら色々やっておいたほうが得ですよね。

ということで備えもしっかりしておきましょう。

 

声優に必要なのは学歴よりも「人間力」

・なによりも人間力

声優に学歴は必要ありません。声優、役者にとって必要なのは「人間力」です。

声優を目指すということは、魅力ある人間を目指すということなのです。

この業界には本当に魅力のある方が多くいらっしゃいます。そんな方にもひけをとらないような魅力を持てば、必ずこの業界で成功するでしょう。

そのためには、とにかく気になること、やりたいことはなんでもやってみましょう。

やりたいことはやる。そうした習慣をつけていけば、いつしか経験値も大幅にアップしていることでしょう。

経験値が上がるということは「人間力」があがるということでもあります。そして「人間力」があがるということは、「魅力がある人間」に近づくということです。

そんなふうに簡単にいけば苦労しない・・・その通りです。

もちろん誰にだって山もあれば谷もあります。毎日毎日やりたいことをやっていけるわけではありません。

気分が落ち込んで、やりたいことがやりたくないことに変わる日もあるでしょう。色々大変なことがありすぎて、もう声優になれなくてもいいとまで思ってしまうこともあるかもしれません。

そんな時は休みましょう。焦らなくても大丈夫です。人間には休息も必要です。今活躍されている声優の皆さんも同じように山あり谷ありの人生を送ってきたのです。

そうして、回復したらまた進んでいけばいいのです。

なによりも大事なのは「自分」です。「自分」が倒れてしまっては元も子もありません。

皆様ひとりひとりが「自分を大事に育ててくださること」を願っています。

 

-声優になるための進路

Copyright© 【比較】現役声優が養成所・専門学校をおすすめランキングで紹介|声優になりたい方の応援メディア「声優ねっと」 , 2020 All Rights Reserved.